自然派化粧品と無添加化粧品の違いは何か?

自然派化粧品と無添加化粧品の違いは何か?

年齢と共に肌のハリやつやの衰えを感じ、化粧品でお手入れしたりサプリメントを取ったりして肌の潤いを保つ人は多いと思います。

ビタミンやコラーゲンなど肌に良いサプリメントを選ぶように、化粧品もオーガニックや無添加などを選ぶ人が増えています。

オーガニックとも呼ばれる自然派化粧品と無添加化粧品とは一体何が違うのでしょう。

天然素材でどちらも体に良く一見同じように思いますが、成分の違いから自然派と無添加に分けられています。

化粧品は防腐剤・洗浄成分・乳化成分・色素・香料・油剤・溶剤・整肌成分を配合して作られており、石油原料の成分が主体となっています。

無添加化粧品とは旧厚生省が定めた表示指定成分を含んでいない化粧品のことです。

表示指定成分はアレルギーの危険性があるとされている成分で102種類が指定されています。

自然派化粧品は植物由来の成分を多く使用している化粧品のことです。

注意すべき点として、どちらも石油由来の成分は必ず使用してはいないということではありません。

化粧品の成分をよく見て自分に合うものを選びましょう。

インターネットで簡単に購入できる自然派化粧品

思春期を迎えニキビができたことにより、肌のことを期にかけてくるようになると思います。

大人になるに連れ不規則な生活やストレスなどからも不調を訴え、吹き出物ができてしまうことも増えてきます。

毎日お化粧をする女性は多く、肌のお手入れは入念に行っていることでしょう。

少しでも肌にいい化粧品を求めて、植物由来成分の自然派化粧品を選ぶ人も多くいます。

しかし、忙しくてゆっくりと化粧品を選びに、買い物に行く暇がないという人も多いのではないでしょうか?24時間いつでも購入することができるWebサイトは便利ですが、テスターがないので不安だという人もいると思います。

種類も多く割高な自然派化粧品だからこそ慎重に選びたいものです。

最近ではWebサイトでも、成分や効果などを詳しく表示してあるものが多くあります。

自然派化粧品のお得情報

自然派化粧品というと天然成分が100%配合されていると思っている人は多いと思います。

しかし、天然成分が10%でも100%でも、少しでも植物成分が使用されていれば全て自然派化粧品となるのです。

自然派というネーミングに惑わされず、成分をしっかり確認して選びましょう。